マイナンバー制度成功のカギは保管の仕方

subpage01

マイナンバー制度の導入が始まって、しばらく経ちましたが、この制度が上手くいくには、これからが大切です。


マイナンバー制度というのは、単に書類による保管をやめて、データによる保管を始めたというだけのことではありません。デジタルデータにしたことで、種々のことが便利になったり、効率化が出来たりするということが出来て初めて、マイナンバー制度の導入に意味があったことになります。
マイナンバー制度の目的は、単に保管方法を改めるということではなく、行政サービスの効率化というのが大きな狙いです。

基本的にこれまで役所がしてきたような書類の管理というものは、これによってなくなることになります。

何しろデジタルデータでは保管をする必要もありません。



クラウド上にデータを保存すれば、いつでもどこでもデータへのアクセスが出来るようになるので、これによってデータの閲覧から修正からすべてがいつでもどこからでも出来るようになります。

産経ニュースの情報を多数ご用意したサイトです。

こうなれば、後はこのデータを利用して、いかに効率のいいシステムを作るのかというだけのことになります。


役所の書類は全てデジタルデータで管理することが出来るようになりますから、書類の保管スペースなどもなくなることになります。

ただ、データにいつでもアクセスが出来るということは、それだけ漏えいなどの危険性もあることになりますから、このリスクをどう対処するのかということが必要となります。具体時には暗証番号などを作るなどのことが必要でしょう。

マイナンバーの保管に興味ある方、必見です。